読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリー・アレルはカマンベールチーズの生みの親です。

 

f:id:alazora_oax:20170427214627j:plain

いきなりですがチーズは好きですか?

私は好きです^^


チーズといっても様々な種類がありますよね。

 

例えば


なめらかで柔らかいクリームチーズ

カプレーゼやマルゲリータのモッツアレラチーズ

サンドイッチやハンバーガーには欠かせないチェダーチーズ

チーズの女王、白カビを纏ったカマンベールチーズ

どれもなじみ深く、多くの人に愛されていますね。


今回は日本でもっとも有名なチーズの一つ、カマンベールチーズと、その生みの親マリー・アレルについて簡単に説明します。

 

 

スポンサーリンク
 

 
カマンベールってどんなチーズ?


発明したのはマリー・アレル

f:id:alazora_oax:20170427225154j:plain


マリー・アレルは今から約256年前の1761年4月28日にフランスのクルットという町で生まれました。

 

彼女がカマンベールチーズを発明したのは1791年頃で、フランス革命中のことです。

 

彼女が暮らしていた町で、非宣誓僧をかくまうのと交換条件で、その人物からカマンベールチーズの原型となる製法を受け、それを発展させ発明しました。

 

・・・というのが広く知られている説ですが、諸説あります。

 

ブリーチーズの模造品説

 

f:id:alazora_oax:20170427231953j:plain

ブリーチーズとはフランスのブリー地方のチーズです。

見た目もカマンベールに似ていますね。

 

マリー・アレルがブリー地方からカマンベール地方に移住した際に、ブリーチーズが食べたくなり、カマンベールで人気のあったリヴァロというチーズを使ってブリーチーズを作ったものが、カマンベールチーズとして広まったという説もあります。

 

・・・が、異論もあります。

 

マリー・アレルが生まれる前からあった説

1702年にはすでにフランス、クルットの近くのヴィムティエという町の市場でカマンベールが売られていたことや、そもそも彼女はカマンベール村出身じゃないことなどが指摘されています。

 

なにせ300年近くも前のことなので、残っている資料も少なく、真相は謎のままです。

 

カマンベールチーズの見た目や味は?

 

とろとろとしたチーズの表面に白いカビを生やしているという個性的な見た目のチーズです。

 

日本のスーパーなどで売られている物はとってもクリーミーで独特の香りあますが、本場フランスのは日本よりもっと強烈な香りがあります。

 

なので、日本で売るものは日本人向けに調整しているみたいです。

 

赤ワインと一緒に食べると、チーズのうまみや香りがより一層引き立つみたいなのです。

スポンサーリンク
 



最後に

マリー・アレルがGoogleのロゴに登場

f:id:alazora_oax:20170427234239g:plain

本日2017年4月28日はマリー・アレル生誕256周年ということで、Googleのトップページにも登場しています!→Google

 

 

この記事を見たあなたも今日は仕事帰りにカマンベールチーズと赤ワインを購入してみてはいかがでしょうか?

 

普段何気なく食べている物でも、その歴史や背景を知ると、より一層美味しく感じられるかもしれません