ポルチーニ祭りってどんな祭り?

 

世界三大キノコの一つ、ポルチーニ茸ってご存知ですか?

 

マツタケ、トリュフと並び評されているポルチーニ、そのポルチーニのお祭りがイタリアでは毎年行われているみたいで、気になったので調べてみました!

 

スポンサーリンク
 

ポルチーニ祭りってどんな祭り?

そもそもポルチーニってどんなキノコなの?

イタリアで料理に使われることが多く、パッと見はシイタケを太らせたような感じですが、味と香りはマツタケにも劣らないと言われ、イタリアのマツタケと呼ばれ親しまれているんです!

 

最近では日本でも乾燥させたポルチーニがスーパーなどに売ってたりするみたいで、名前は聞いたことある人が多いのではないでしょうか?

 

ポルチーニ祭りのルールや参加人数は?歴史あるお祭りなの?

ポルチーニ祭りとは、イタリアにある美食の町「パルマ」の南にあるボルゴターロというポルチーニの名産地として知られている小さな村で毎年行われている祭りです。

 

内容としては、制限時間内(4時間)に、

①どれだけ多くのポルチーニを採取できるか

②どれだけ重いポルチーニを採取できるか

③どれだけ形の良いポルチーニを採取できるか

の3つを競うもので、数百人もの参加者がいるんだとか・・

 

多くの参加者がいるポルチーニ祭りですが、始まったのは2013年からで、できたばっかりのお祭りなんです。  

競うだけじゃないんです!

このポルチーニ祭り、採取量を競うだけではなくて出店もあり、日本ではあまり見ない生のポルチーニを新鮮採れたて、香り味最高状態でを買うことができるんです。

 

もちろんその場で食べることもできて、焼いた物や、揚げたものなど、その場にいたらよだれがダラダラ出ること間違いなしですねw