カードローンとキャッシングの違いとは?

f:id:alazora_oax:20181125235214p:plain

様々な理由でお金が必要になってくることはありますが、いざお金を借りる方法を調べたら、よく目にするのがキャッシングカードローンという言葉ですよね。

 

皆さんが認識しているキャッシングとは、お金を借りることだと思いますが、
キャッシングと一言で言っても、クレジットカードやキャッシュカードのキャッシング機能を使ったキャッシングもあれば、借入専用のカードを使って、消費者金融などの金融機関(銀行等)にお金を借りるキャッシングもあります。

 

一般的には
前者のことをキャッシング
後者のことをカードローンと言います。

 

どちらもお金を借りる(借入する)ことには違いありませんが、
この異なる2つの「キャッシング」には覚えておくべき違いがいくつかあります。


本記事ではキャッシングとカードローンの、覚えておくべき違いをわかりやすく説明していきます。


違いを理解したうえで、貴方が借入をする場合にどちらの方がメリットがあるのかを判断していきましょう。

スポンサーリンク
 

 


申し込みから借入までの違い

キャッシングの場合


冒頭にも書いた通り、一般的にキャッシングとはクレジットカードに付随する機能のことを言いますので、申し込み方法もクレジットカードと同じです。

なので、基本的には

  1. パソコンやスマホからの申し込み
  2. デパートなどの店頭申し込み
  3. 銀行での申し込み

と、なります。


皆さん経験あると思いますが、やはりネットからの申し込みが一番楽で人気のようです。


ちなみに2はショッピングモールやガソリンスタンドなどで受付をしていることが多く、店頭で入会することでギフト券がもらえたり、ガソリンの値引きが有ったりと、お得なことが多いですが、手書きでの申し込みが面倒な点もあります。

 

カードの発行までに1~2週間かかってしまいますが、借入自体はカードが届く前でも電話受付等で自分の口座に振り込んでもらうことも可能となっています。

 

カードローンの場合

申し込み方法は各社多少の違いがありますが、基本的には以下のパターンが多いです。

  1. パソコンやスマホからの申込み
  2. 店頭、自動契約機での申し込み
  3. コールセンターへ電話しての申し込み
  4. 郵送での申し込み

今のご時世だと、1を選ぶ方が圧倒的に多いみたいですね。
スマホなら24時間いつでも申し込めますからね。

 

ネットで必要項目を入力した後、仮審査が通れば本人確認書類等を提出し、その後カード発行の流れになります。

カードローンとクレジットカードキャッシングはどちらも審査→カード発行の流れになり、発効までに2週間程度かかってしまいます。

しかしクレジットキャッシングと同じく、カード発行前でもネットや電話受付で借入することも可能となっています。

 

 

返済方法、返済日の違い


クレジットキャッシングは口座引落しがメインですが、カードローンはATMを使った返済が一般的と言われています。
しかし返済方法は後からでも変えられるようになっています。

 

キャッシングの場合

返済日に関しては、
クレジットキャッシングとカードローンでは、返済頻度と返済期限が異なります。
クレジットキャッシングでは指定日に自動で引き落としが行われます。


例えば支払日が25日だとしますと、
クレジットキャッシングは、返済日前に繰り上げ返済をしたとしても25日の返済日に再び引き落としが行われてしまいます。
それを防ぐ手段としては、クレジット会社に連絡をし、引き落としの口座からお金を抜いておくという方法以外ありません。

 

カードローン場合

一方カードローンの場合は、借入残高によって毎月の最低返済金額が設定されていて、指定日までに返済すればいいという仕組みになっています。

クレジットキャッシングと違い、毎月決まった金額しか返済できないわけではないので、余裕があるときに多めに返済することもできます。


金利の違い

カードローンとクレジットキャッシングの一番の違いは金利の違いといわれています。
クレジットキャッシングはあくまでクレジットカードに付随する機能と考えられているので、金利も高く設定してあり、どの会社も15%~18%を設定しています。
一方カードローンの場合は1%~15%と、幅は大きいですが、クレジットキャッシングよりは低めに設定されています。

 

スポンサーリンク
 


付帯サービスの違い

ここまでいくつかの違いを紹介してきた通り、カードローンはお金を借りる為の専用のカードになっていますので、返済方法や金利などはクレジットカードと比べて便利なものになっています。
しかし、付帯機能の面ではクレジットキャッシングのほうが優れている点があります。
それが、海外でも利用できる点です

海外でも利用できる

海外でキャッシングなんてハードルが高いように思えますが、実際はATMの簡単な操作で借入することができます。
さらに、両替所ではオリジナルのレートで取引されているので、両替すればするほど手数料がかかってしまうのですが、海外クレジットキャッシングでは両替ほどかからない場合が多いです。
ただ、両替と違ってあくまでも借入になるので返済が後日になることは忘れずにいましょう。


その他の違いとまとめ


クレジットカードと違い、カードローンの専用カードは年会費が一切かかりません。
今すぐお金が必要というわけではなくても、事前にカード発行しておけば、あとはいつでも好きなタイミングで借入することができます。
急な出費の時などは非常に便利ですね。
いままで定期的にクレジットカードのキャッシングを使っていた方や、これから出費が増えそうだな・・・と思う人は
カードローンに乗り換えたほうが金利を安く抑えられ、返済方法に融通を利かせることができるので、便利ではないでしょうか。
逆に、そんなに借入する機会がなく、したとしても少額で一括返済が可能な方はクレジットカードのキャッシングを利用してみてはいかがでしょうか。
様々な場面に応じて使い分けていくのが一番賢い使い方です。