プロミスの審査に落ちた原因と対処法【今すぐお金が必要】

プロミスの審査に落ちたけどお金が必要な時の対処法

「プロミスの審査は甘いらしい」というネットの口コミを信じてこれから申し込む方、もしくは申し込んだのに審査落ちしてしまった方も少なくないでしょう。

大手消費者金融の一つであるプロミスの審査に落ちて、「こんな有名な会社から借りられないなんて・・・」と不安になる必要はありません。

なぜならプロミスの審査は甘くなく、むしろハードルが高い消費者金融だからです。

三井住友フィナンシャルグループの系列会社であるプロミスは厳格な審査基準を設けている金融会社のため、融資条件に当てはまっていないと申込審査に落ちてしまうでしょう。

これから申し込む方は審査に通るためのポイントと、審査に落ちてしまった人はその理由と、今後の対策を見ていきましょう。

  • プロミスの審査落ちの理由を分析
  • プロミスの審査通過の重要ポイント
  • お金が必要な時の対処方法

を中心に説明します。

 

 

プロミスで借入するための申込条件は?

プロミス 審査落ち 消費者金融

プロミスの公式サイトの申込条件に「お申込みいただける方の条件は、年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方です。主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です。」と表記があります。

条件にある『安定した収入』とは、定期的に給料が入ることです。

定期的な収入がある方が申込対象

要するに、契約形態を問わず、以下の方が対象となります。

  • 正社員
  • 契約社員
  • 派遣社員
  • パートやアルバイト

申込対象外の方

それに対して、自営業者個人事業主など収入が不安定な方はプロミスの審査に通りにくいです。

そして、無職や専業主婦、アルバイトをしていない学生は、自分自身に収入がないので審査に通りません。

借入可能か3項目シミュレーションを試す

プロミスはスマホから3項目の簡単診断ができます。

  • 生年月日
  • 年収
  • 他社からの借入金額

3項目入力でプロミスから借入可能か簡易診断が出来ますので、年収や他社の借入残高が理由で審査が心配な方は試してみるといいでしょう。

「ご融資可能と思われます。」

と診断結果が表示されれば、借入出来る可能性があります。

それ以外の表示結果でも審査に通らないというわけではありません。

プロミスの審査に落ちた理由

プロミスの審査に落ちた理由と対策

プロミスの審査に落ちた理由には、下記に該当していたことが考えられます。

  • 過去に金融事故を起こしたことがある
  • 総量規制にひっかかった
  • 在籍確認が取れない
  • 同時期に複数社の金融機関に申込をしている
  • 本人確認書類に不備がある
  • 虚偽の申告をした

この項目に1つでも該当するとプロミスの審査には通過できず、審査落ちします。

逆に、以上の項目に引っかからないようにすれば、プロミスの再審査だけでなく、他社で審査申込をする場合も対応可能です。

一つずつ詳しく説明していきます。

審査落ち理由①過去に記入事故を起こしたことがある

プロミスに限らず、大手金融機関から融資を受ける場合、過去5年以内に借入返済の滞納、遅延などの金融事故を起こしていると審査に通りません。

こういった金融事故の履歴は事故情報として指定信用情報機関(CIC、JICC等)に記録され、すべての金融機関で共有化されているのですぐに知れてしまうのです。

指定信用情報機関に金融事故という形で『信用情報』が記録されてしまう期間は約5年と言われています。

5年経ったら大手消費者金融の審査に通る可能性が出てきます。

金融事故の情報が個人使用情報機関に残っているうちは、プロミスを含む大手金融の融資、やカードローン審査に通りません。

金融事故の記録のある方がキャッシング審査に通るためには、指定信用情報機関から金融事故情報が抹消されるまで待つ以外はありません。

「数年前に金融事故を起こしたが登録情報が今はどうなっているか知りたい」という人は、プロミスが加盟している個人信用情報機関『CIC』、日本信用情報機構『JICC』に信用情報の開示請求を通じて確認できます。

審査落ち理由②総量規制にひっかかった

プロミスからの借入は、総量規制という貸金業法で定められている規制の対象となります。

総量規制とは、貸金業者(消費者金融)が個人にお金を貸す場合、「過度な借り入れなどから守るために年収の3分の1までしか貸付けることができない」と決めている法律のことです。

『(他社を含めた)借入額の合計が年収の3分の1を超えている』と審査に落ちてしまいます。

貸金業者とは
  • 消費者金融
  • クレジットカード会社
  • 信販会社

例えば、年収300万円の人がプロミスなどから借入できる金額は年収の3分の1の100万円となります。

これは1社からの借入上限金額ではなく、個人が借りられる上限金額なので、A社から20万円、B社から20万円、C社から20万円をすでに借り入れていた場合、新たに借りるD社からは40万円までしか融資を受けることはできません。

そのため、新たに融資を受ける場合は『年収の3分の1』ー『他社からの借入金額』=『借入可能金額』と覚えておきましょう。

審査落ち理由③在籍確認が取れない

在籍確認とは、申込時に記載した『勤務情報に誤りがないか』、『真実の情報を記載しているか』を確認するため、プロミス担当者が申込者の勤務先を見極めることです。

在籍確認は勤務先への電話連絡によって行なわれます。

ここで、申込者がその会社に在籍していなかったり、在籍しているが休職中という不安材料が露見した状況だと、プロミスの審査に落ちてしまいます。

審査落ち理由④同時期に複数社の金融機関に申込をしている

どうしてもお金を借りたいからと、短期間で複数社の金融機関に申込を行うと、『申し込みブラック』と呼称される状況を招きます。

申し込みブラックになると、プロミスをはじめとする融資の審査に通りにくくなります。

借入審査を同時期に申し込む場合は、多くても2社までにしておきましょう。

申し込みブラックとなる危険性があります。

また、申込ブラックの状態が指定信用情報機関に記録され、その履歴が削除されるまでは半年と言われています。

審査落ち理由⑤本人確認書類に不備がある

プロミスに申し込む際、本人確認書類や収入証明書等に不備があると審査に落ちてしまう要因となります。

例えば、本人確認書類(免許証等)の現住所が違っていた時などは、即審査NGになるわけではなく、プロミスから電話確認が入ります。

また、借入希望金額によっては収入証明書の提出が必要になりますが、直近のものでないと、現在の返済能力の証明にならずに審査NGになってしまいます。

プロミスでは以下の収入証明書が必要となります。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 税額通知書・所得(課税)証明書
  • 給与明細書

審査落ち理由⑥虚偽の申告をした

本当に審査に通るか不安という気持ちから、

  • 年収を高く書いてしまう
  • 他社からの借入金額を少なめに申告する

以上のようなことを申込時に申告する人もいるようですが、発覚したら即審査落ちとなります。

たとえ審査に通ったとしても、借入後にウソがばれてしまうと借入残高の一括返済を命じられたり、詐欺罪に問われる場合もあります。

しかし虚偽の申告をしたからと言って即審査落ちになるわけではなく、勘違いの場合も考慮し、事実確認のためにプロミスから電話がかかってきます。

審査に落ちたけどお金が必要な時はどうすればいいのか?

プロミスの審査に落ちたけどお金を作る方法

プロミスの審査に落ちてどうしてもお金が必要な状況での対応策は、下記の通りです。

  • プロミスの再審査を受ける
  • 他の大手消費者金融カードローンに申し込む
  • 中小消費者金融に申し込む
  • キャッシング以外の方法でお金を作る

それぞれの対応策について説明していきます。

プロミスの再審査を受ける

プロミスの審査に落ちたとしても、再度プロミスに申込することで審査に通る可能性はあります。

ただし申し込み手続きをするのは半年を過ぎてからにしましょう。

先ほども記述しましたが、一度申込をすると指定信用情報機関に申込の履歴が残ってしまいますので、審査に落ちる可能性が高くなります。

また、プロミスの審査に落ちた理由が不明なままやみくもに再申し込みしても同じく落ちてしまうだけです。

審査に落ちた原因を解消して、6か月経過してから再審査申込しましょう。

他の大手消費者金融カードローンに申し込む

プロミスの審査に落ちてしまったら、他の大手消費者金融を考えてみましょう。

それぞれの消費者金融によって審査基準に違いがあるので、プロミスの審査に落ちたとしても、他社の審査に落ちるとは限りません

その際は、他の大手消費者金融も審査の基準もまた厳格なものが多いので、プロミスで審査に落ちてしまった原因を解決してから申し込むようにしましょう

ただし、自分で解決できる要因としては『書類の不備』『在籍確認』くらいですので、『過去に返済の遅延などによる金融事故履歴がある金融ブラック』が原因だと考えられる場合は、指定信用情報機関の金融事故情報が消える5年待たなくてはいけません。

では、5年も待たなくては借入は出来ないのでしょうか?

中小消費者金融に申し込む

圧倒的に知名度の高い『プロミス』の審査に落ちた人は、5年間は『アイフル』『プロミス』『SMBCモビット』など他の大手消費者金融からの借入はほぼできません。

しかし中小消費者金融であれば借入可能なケースも多いです。

もちろん中小消費者金融といっても、国に認められた登録番号を所持している正規の貸金業者なので安心してください。

それ故に、誰しもが審査に通るというわけではありません。

しかし大手に比べると審査が甘いのも事実です。

なぜ中小消費者金融は審査が甘いのか

審査が甘い理由はターゲットとしている顧客層にあります。

中小消費者金融がメインターゲットにしているのは大手消費者金融の審査に落ちてしまった方々なのです。

ただし、審査が甘いといっても、無職の方や現在収入がない方、借金の返済を滞納している方は対象外です。

中小消費者金融がターゲットにしているのは『大手の審査には落ちてしまったけど、現在安定した収入がある方』です。

そのため、自己破産などの債務整理をした方でも、借入審査に通った口コミも多数あります。

デメリットとしては、金利が1~5%程度高いことです。

\おすすめの中小消費者金融はコチラ/

www.alazora.com

カードローン・キャッシング以外の方法でお金を作る

中小消費者金融の審査もNGになってしまった超ブラックの方は、金融機関からのカードローン・キャッシング以外の方法でお金を作る方法を考えましょう。

実際の例としては、『メルカリなどのフリマアプリで不要なものを売る』『クラウドワークスなどで自宅で仕事を探す』『即日払いのアルバイトをする』という方法があります。

キャッシング以外でお金を調達する方法は様々あります。

プロミスの審査に落ちても絶望する必要はない

プロミスの審査に落ちた どうする

急な入用でお金が必要になるのは誰しもがあることです。

そんな時に限って審査に通らなかったりしたらとても困ってしまいますよね。

なので、これから審査を受ける方は審査に通るようにしっかり書類の確認や総量規制に関しての知識を覚えておきましょう。

また、審査に落ちてしまった人は中小消費者金融という手も残されていますので、検討してみてはいかがでしょうか。