【貯金が必ず貯まる方法とは?】お金を貯めるコツは『先取貯金』にある!

【貯金が必ず貯まる】お金を貯めるコツは『先取貯金』にある!

絶対にお金が貯まる方法『先取貯金』を知っていますか?

先取り貯金とは?

先取貯金とは、給料が振り込まれたらお金を使ってから余った分を貯金するのではなく、お給料が振り込まれた時点でまず最初に、貯金金額を貯金用の別の口座に移します。そして余ったお給料で生活します。

これが先取貯金です。

これから貯金を始めようとする人はもちろん、貯金をするのが苦手な人はこの『先取貯金』が非常に有効で、貯金する金額を間違わなければ必ずお金が貯まります。

先取貯金は、次に挙げるような人にピッタリです

  • ついつい無駄遣いをしてしまう人
  • 貯金に失敗したくない人
  • お金を使うのが好きな人
  • なぜかなかなかお金が貯まらない人

それでは先取り貯金について詳しく説明していきます。

先取貯金をおすすめする理由は?

先取貯金を失敗しないためには

先取り貯金をするとお金への関心が高まる

冒頭でも説明しましたが、先取貯金とは『使わなかったお金を貯金する』というのではなく、『まず決めた額を貯金して、余ったお金で生活すること』です。

会社や銀行が行なう『財形貯蓄』をあなた自身で行う感じですね。

先取貯金によってもたらされるメリットのひとつにお金に対する意識が高まることが挙げられます。

普段貯金をしていない人が今現在の収入のままで貯金をしっかり行うということは、支出をセーブして貯金に割り振るお金を増やさなければならないのです。

簡単に言うと、生活水準金銭感覚を切り替える必要が出てきます。

お金を貯めるのが得意な方は、『お金に対す意識が高い』という特徴があります。

それゆえに、お金を大切に考えよう大事に貯金しようと思うのでしょう。

可能な限りムダ遣いを無くそうと、節約やクーポン券を意識して利用する傾向も見受けられます。

お金の使い道を考えるようになる

給料から貯蓄額を前もって差し引くことで、否応なく1ヶ月分の生活費の予算が決まり、「今月いくら使って、残りはいくらだろう」というお金に対する関心が増します。

家賃や駐車場代に始まる固定費は、引越したり、家賃交渉をする以外に節減のやり方がありません。

それに比べ、光熱費や食費、交際費のような変動費はアイデアによっていくらでも節約できるので、生活費の予算内(先取貯金をして余ったお金)でやりくりできるよう工夫するようになります。

お金の貯えが多くなっていくとともに、節約が楽しくなると思いますよ。

先取り貯金のやり方

先取貯金の方法

先取り貯金は難しくありません、手順はたったの2ステップです。

  1. 給料日に毎月決まった貯金額を貯金用口座に移す (銀行の自動積立預金がおすすめ
  2. 余ったお金を生活費に充てる

さて、続いては貯金をどこにどうやって貯めるのかを見ていきましょう。

自動積立定期預金にすると自動で貯金出来て銀行手数料が取られない

では、先取貯金をどうやって貯めておくかということですが、もちろん給料日にATMで引き出して別の口座に移しておくのでも良いでしょう。

しかし銀行によりますがお金をATMから引き出す時には手数料が必要になってしまうこともあります。

一方、自動積立定期預金ではその無駄な出費はかかりません。

自動積立定期預金とは

自分の銀行口座に指定日に決まった額を無料かつ自動で預金してくれる仕組みのことです。

先取貯金に自動積立定期預金がおすすめ

自動積立定期預金で強制的にお金を積み立てていけば自動で貯金をしてくれるのでめんどくさくなく、貯金している感覚もないので楽です。

せっかく貯金をしているというのに、取り扱い手数料で無駄にお金がかかるのは悔しいですからね

スマホがあれば開設できる楽天銀行は、ATM利用手数料が月7回まで無料で行えて自動積立定期預金も使いやすいのでおすすめです。

先取貯金でいくら貯金するか

先取貯金をいくら貯金するか


「よし、今月から貯金しよう」と思っても、イベントごとなどによって実際に毎月貯金できる金額が変わるケースもあります。最初に「最低限絶対にこれだけは貯金できる」という金額を決めてきましょう。

家庭を持っている人は家族の協力も必要不可欠です。

先取貯金目安は月収の10%

先取貯金の目安金額は、月収の10%~20%程のようです。

しかし収入が低く、貯金ができずに困っている人はまずは5%から始めましょう。

しかしこれはあくまでも目安です。それぞれの生活状況により大きく変動してきますので、あなたにあった金額を設定しましょう。

例えば実家暮らしの方なら30%は余裕で貯金できますよね。

貯金金額の決め方①ひと月当たりの支出(出費)を把握しましょう

まず第一に、ひと月のざっくりとした支出を把握することが重要です。

無理のない範囲で先取貯蓄を行なうとすると、まずは最低限掛かる生活費を把握しますそれから無理がない貯金額を決定しましょう

給料 ‐ 生活費 = 先取貯金額

逆に先取貯金の金額を決めてから、意地でも生活費を削るという強行手段もあります。

まずは簡単にでいいので使った金額をメモしましょう。

さらに、支出のチェックができたら節約可能な支出が無いかチェックしてみて下さい。

あくまでも先取貯金の金額設定のための支出のチェックなので、ざっくりでかまいません。

貯金金額の決め方②家庭がある人は家族とも相談して決めましょう

家庭がある方はパートナーと相談して金額を決める必要があります。

あなた一人で金額を決めてしまい、毎月の支出に制限を設けて日々を過ごすと、それを辛く感じて失敗してしまいます。

例えばこの先の老後の暮らしを問題なくに送るため、お子さんの将来の為、マイカーやマイホームのためであったり、何か具体的なゴールがあった方が、貯金は継続できるはずです。

家族とそのゴールを共有する事で、協力を得ましょう。

そして目標に向かって、こつこつと継続していくと良いでしょう。

貯金金額の決め方③無理な金額を設定するのはやめましょう

無理な金額で貯金を始めてしまうと、自由にできるお金がなくてストレスに感じてしまいます。

飲み会に行かない、外食しない、洋服を買わないなど、極端な貯金金額の設定は苦痛に感じてしまいます。

貯金のために飲み会や買い物をゼロにするのではなく、娯楽の頻度を少なくしたりするなど、持続出来るような金額を考えましょう。

まとめ | 先取り貯金を失敗しないために気を付けること

先取貯金に失敗しないためのコツ

さてここまで先取貯金について説明してきました。

せっかく貯金をしても貯金を切り崩して失敗してしまう人がいるのも事実です。

ではなぜ失敗してしまうのか、どうやったら成功するのか?

どんな方法であったとしても、無理して貯金額を捻出し、生活費が足りなくなって貯金を引き出して使ってしまうと、貯金することは不可能です。

先取貯金に失敗する理由の最も多くが、『貯金金額の設定のミス』と言われています。

どうにか先取貯金をしても、旅行や2年に一度の車検であったり多少大きな支出があると何も考えずに貯金を引き出してしまう・・・という事を続けていたのでは、貯金はいつまでも増えません。

しっかり先取貯金を成功させるために、この記事の内容をまとめながら見ていきましょう。

自分の支出をしっかり把握する

先取り貯金に限らず、貯金ができる仕組みは決まっています。

給料 ‐ 生活費 = 先取貯金額

収入から支出を差し引いた金額が貯金可能額です。

だからこそ、毎月の出費を毎月の収入以下に抑えれば、貯金に結び付きます。

しかし、問題が発生してきます。

貯金が苦手な人のほとんどは、自分の出費を把握していません。

毎月の給料を何にいくら使っているのか把握していないので、自分では出費をカットしいたつもりでも気付いたら手元にお金が無くなり、最終的には貯金を下ろすという結果になってしまうのです。

こんな状況では貯金ができるはずはありません。

解決方法としては、支出を記録して把握する。これだけです。

  • 少額の買い物でもレシートをもらう。
  • 簡単にでいいので家計簿をつける。
  • クレジットカードや電子マネーの明細をスマホでチェックする。

支出を把握する方法は、多数あります。

あなたに最も適したやり方で実行してみましょう。

お金を何にいくら使っているのかが把握できたら、いつの間にか節約できるポイントも分かってくるようになります。

そういった支出把握が不得意な人は、特に500円以下の少額な支出を意識した方が良いでしょう。

少額にもかかわらず、積み重なると、存外大きな金額になっていたりする可能性がある為です。

更にはこういった少額の買い物こそ、レシートをもらわなかったり、ましてや家計簿もつけなかったりしてしまいます。

そうすると「気が付くとお金がない」とか「いったい何にお金を費やしているのかハッキリしない」という状態に陥ってしまうのです。

支出の把握は必須です。

自分に合った貯金金額を決める

「さあ今日から先取貯金をはじめよう」

と決心してスタートしてみたのにもかかわらず、やっぱりお金が足りなくなり貯金をおろしてしまう。

そんな失敗をよく耳にします。

そんな人は大体において『毎月の貯金金額が多すぎる』ことが原因です。

これじゃいけません。

例として、給料を毎月20万円もらっている人が、突然毎月10万円の先取貯金をして、残りの10万円で暮らしていかなければいけなくなったらどうなるでしょう。

大部分の人は、お金が足りず貯金を引き出してしまうのではないでしょうか。

今まで毎月使えていたお金がいきなり半分に減少したら、かなりの支出の削減をしなければいけないでしょう。

しかしそれでは長く続きません。

先取貯金に限らず貯金で重要なのは、積み立てすることです。

毎月出来る範囲で先取貯金をして、自動的にかつ無自覚のうちに『いつのまにかお金が貯まる』ことが重要なのです。

その積み重ねが、将来の『多額の貯金』を産むことになるわけです。

それを実現する為に、先取貯金に取りかかる際の貯金金額の設定は『意識して頑張らないといけない』というくらいの金額設定からスタートするのがよいのでしょう。

節約を意識する

先取貯金を始めたものの、少しくらい・・・と無駄な買い物をしてしまい、結果出費を抑えられず先取貯金できなかった。という人もいると思います。

先取貯金は給料が入ったら使う前に先に貯金しますので、それまでと同じ生活水準では失敗するだけです

ただ、買い物などを我慢しすぎるのもその反動で散財してしまい、先取貯金の失敗につながります。

ではどうすればいいのかというと、『固定費の削減』に取り組みましょう。

固定費とは、毎月確実にかかる出費のことです。固定費には一般的に以下のものを言います。

  • 家賃
  • 保険
  • スマホ、インターネットなどの通信費
  • 光熱費

この固定費を減らすために

  • 家賃の手ごろな部屋へ転居するまたは、家賃交渉をする。
  • スマホなどの通信費を低く抑えるため、契約プランを見直したり、格安スマホに乗り換える。
  • 毎月固定でかかるスポーツジムやネット会員を代表とする定額サービスを解約する。
  • 保険を見直す。

さまざまな固定費を削減する方法があります。

自分の支出で見直せる箇所を見つけて、直ちに節約するべきです。

最優先は固定費の見直しです。

固定費が見直せたら次は食費交際費娯楽費と呼ばれる変動費が削減のターゲットとなってきます

つけた家計簿から削れる箇所を洗い出して徹底的に見直しましょう。

物を買う前に「本当に必要かな?」と自問自答してください。

先取貯金を始めるには労力がかかりきついけど、一度始めたらあとは自動で貯金されていきます。

先取り貯金とは、今の生活を見直して固定費や変動費で節約できるところを洗い出し、削減し、浮いたお金を貯金用口座に移します。そして残りのお金で生活していき、お金を貯めていくという方法です。

だからこそ、先取貯金できるように行動しなければ、お金が貯まることはありません

もう一度言いますが、

  • 貯金用口座の開設(すでにある人は不要です)
  • 固定費(家賃、保険料等)の見直し
  • 変動費の節約
  • 家計簿での支出の把握

以上のことが必須です。

最初はめんどくさいです。

口座を開設するのはスマホでできますが身分証などを写真で送らなきゃいけないし、固定費(家賃、保険料等)の見直しもスマホでできますが見直すのはあなたです。

しかし一度先取貯金の仕組みを作ってしまえば、あとは自動でお金が貯まっていくのが先取貯金のいいところです。

大事なのでもう一度書きます。

先取貯金のいいところは自動でお金が貯まるところです。

貯金は今すぐお金を増やすわけではありません。

コツコツと積み上げる長期戦です。

未来のために今スタートしましょう。 

貯金は継続が命

貯金は継続がコツ

先取貯金は絶対にお金を貯められるベストな貯金方法だと認識しています。

先取貯金のコツは現状の把握と見直しです。

貯金が思うように貯まり、節約が自分ものになっていくと、後々収入が増えたら増えた分だけ貯金できるようになります。

こうなってしまえば、貯金の金額が右肩上がりでどんどん増えていくだけなので、先取り貯金はおかねを貯めるだけではなくお金を増やす最高の方法と言い切っても間違いないでしょう。

あなたも先取貯金を始めて、目標金額に達成できるように力を注いでみてください。
先取り貯金は継続が大切です。