テオドール・キッテルセンはノルウェーの画家です。

テオドール・キッテルセンというノルウェーの有名な画家をご存知でしょうか?

 

 ノルウェーはどこにあるの?

ノルウェーはヨーロッパの北部にあり自然豊かな国です。

 

そんなノルウェーの画家、テオドールについて彼の作品を紹介しながら記述します。

スポンサーリンク
 

テオドールの作品は素朴で不気味

テオドール・セヴェリン・キッテルセン (Theodor Severin Kittelsen)は、↓のような風景画や、

f:id:alazora_oax:20170427002707j:plain

 

 

↓ノルウェーの伝承に登場する妖精やトロールを描いたことで有名です。

f:id:alazora_oax:20170427002717j:plain

f:id:alazora_oax:20170427002825j:plain

なんとなく見たことある方も多いのではないでしょうか?

 

なんとも不気味な雰囲気で、夜に一人で見たら怖いですね。進撃の巨人にも似た不気味さです。

 

こんな不気味な絵を描くテオドールですが、1857年4月27日に生まれ、わずか11歳の時に時計職人を志します。

スポンサーリンク
 


そんな彼に転機が訪れます。

 

17歳のころに芸術の才能を見出され、オスロというノルウェーの南にある都市の芸術学校でに入学し、ドイツやフランスのパリに渡り絵画を学びます。


しかしテオドールは金銭的に裕福ではなかったため、新聞や雑誌の製図工として働かなければなりませんでした。


1887年、テオドールが30歳のころパリから祖国ノルウェーに戻ると、そこでノルウェーの大自然に感銘を受け風景画を描き始めます。

f:id:alazora_oax:20170427003147j:plain

 


そして1899年には、ラウヴリアというアートスタジオで生活をはじめます。

そこで絵本の挿絵などを描き始めます。

f:id:alazora_oax:20170427004722j:plain

 

1908年にはノルウェーの聖オラフ勲章を受賞し、ナイトという名誉ある称号を授かりました。

 

その後体調を崩し始めたテオドールは1914年1月14日、56歳で死去しました。

 

いまでもテオドール・キッテルセンはノルウェーを代表する画家として深く愛されています。

 

そして本日2017年4月27日はテオドール キッテルセン生誕160周年です。

 

googleのトップにも紹介されています。

f:id:alazora_oax:20170427010423p:plain

これは湖でしょうか。 

よく見ると波紋が「Google」となっています・・・?・・ね?

 

右には妖精でしょうか。黒い「何か」がこちらを見ています。

 

実はこのロゴ、テオドールの作品「Nokken」のオマージュです。

f:id:alazora_oax:20170427011922j:plain

 んー・・怖い。

 

たまたまこの記事を見たあなたも、これも機会に、本屋でテオドールの絵本を手に取ってみてはいかがでしょうか?