読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松隈ケンタって誰? 

作曲家、作詞家の松隈ケンタ(まつくま けんた)をご存知でしょうか?

 

私はBiSH(ビッシュ)というアイドルの大ファンで、彼女たちを調べていたら、BiSHの曲のほとんどを彼が作曲(一部作詞)していたので、どんな人物なのか気になったので調べてみました。

 

BiSHについてはコチラ↓

www.alazora.com

 

松隈ケンタを少しだけ紹介します。

スポンサーリンク
 

 
松隈ケンタの略歴


松隈ケンタは1979年9月26日生まれ、福岡県出身の37歳(2017年現在)の男性です。

 

2002年に福岡で結成された「Buzz 72+(バズセブンツー)」というロックバンドでthe whoというイギリスのロックバンドのギタリスト、ピートタウンゼントに憧れてギターボーカルをしていました。

 

結成からわずか3年後の2005年、26歳の時に、実力を認められケツメイシや浜崎あゆみが所属するavex traxからメジャーデビューしました。

 

それから2年後、2007年の大みそかにメンバー脱退により活動休止、その後は作詞・作曲家として柴咲コウ、中川翔子、BiSH、Kis-My-Ft2など、アイドルを中心とした様々なアーティストに楽曲提供を始め、2011年(32歳)、音楽制作チーム「SCRAMBLES(スクランブルズ)」を結成し、2014年(35歳)には「株式会社SCRAMBLES」を設立、代表取締役に就任しました。


仕事へのこだわり


裏方としてのイメージが強い松隈ケンタですが、自身はバンドマン、ミュージシャンとしての意識が強く、単なる楽曲提供だけではなく、その後の歌録りやギターで参加したり、ミックスを手掛けたりするなどのこだわりが多々あります。

 

例えばアイドルに対しての楽曲制作の際には、通常「だれがどのパートを歌う」などあらかじめ決めて、そこだけをレコーディングするものですが、彼の場合はメンバー全員がボーカルのレコーディングをした後に、それぞれのパートに一番合う声をはめていくという作り方をしています。

 

多くの楽曲を手掛けるBiSHでも、”メンバーみんなで歌う大衆的なアイドル”にならないように歌にはかなり力を入れていたようです。


尊敬する作曲家としては90年代に一世を風靡したTRFの小室哲哉などを挙げており、作品の随所に「小室っぽさ」がうかがえます。

 


松隈ケンタが手掛けた作品

柴咲コウ「ラバソー ~lover soul~」(作曲)


柴咲コウ - ラバソー ~lover soul~


でんぱ組.inc「ブランニューワールド」(作詞・作曲・編曲)


でんぱ組.inc【ブランニューワールド】

 

中川翔子「フライングヒューマノイド」(作詞・作曲・編曲)


中川 翔子 『フライングヒューマノイド』

 

Kis-My-Ft2「ETERNAL MIND」(作曲・編曲)


ETERNAL MIND


BiSH「プロミスザスター」(作詞・作曲)


BiSH / プロミスザスター[OFFICIAL VIDEO]


BiSH「オーケストラ」(作詞・作曲)


BiSH / オーケストラ[OFFICIAL VIDEO]

 


まとめ

みなさんは毎日聞いているアイドル、バンドはいますか?

 

その何気なく聞いている一曲一曲、当たり前ですが作った人がいます。

 

好きなアーティストだけではなくて、それを支えている人たちに目を向けてみると、きっと今よりもっとそのアーティストのことが好きになりますよ!

 

関連記事

BiSH(ビッシュ)のメンバーを人気順で紹介